栄養解説

グルコサミン塩酸塩

グルコサミンは、ヒトの体内で作られるアミノ酸の一種で、関節周囲にクッションを作る働きがあります。グルコサミンは複数の種類があるためどのグルコサミンが入っているかによって効果に違いがでる場合があります。
グルコサミンについてのほとんどの科学的研究では、グルコサミン硫酸塩が用いられており、一部の研究者はグルコサミン塩酸塩はグルコサミン硫酸塩よりも効果が低いと考えているようです。

 

有効性レベル①:

有効性レベル②:

有効性レベル③:

有効性レベル④:

有効性レベル⑤:

有効性レベル⑥:

データ不十分:
・高コレステロール血症,カシン・ベック病(骨および関節の疾患),膝関節痛,変形性関節症,関節リウマチなど

①効きます。②おそらく効きます。③効くと断言できませんが、効能の可能性が科学的に示唆されています。④効かないかもしれません。⑤おそらく効きません。⑥効きません。】

 

安全性:
ほとんどの成人にとって、適量であれば最長2年間までおそらく安全です。ただ、糖尿病や高血圧症、甲殻類に敏感な人はアレルギー反応などを起こす可能性があるので注意が必要です。
妊娠中、授乳期におけるデータは不十分なので使用しないでください。

過剰摂取による副作用:
・不快感

医薬品との相互作用:
・抗血栓薬、抗がん剤

健康食品・サプリメントとの相互作用:
・コンドロイチン硫酸塩