栄養解説

BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)

BCAAは分岐鎖アミノ酸とも言われ、バリン、ロイシン、イソロイシンのことを指します。肉、乳製品、豆類などの食物から体内に取り入れられる必須栄養素で、筋肉の修復やたんぱく質の生成に作用します。
また、アミノ酸に変換されることで運動時のエネルギー源として使用されることもあります。

 

有効性レベル①:

有効性レベル②:

有効性レベル③:
・食欲不振、躁病

有効性レベル④:

有効性レベル⑤:
・筋萎縮性側索硬化症

有効性レベル⑥:

データ不十分:
・アルコールに起因する肝疾患、運動能力、糖尿病、肝臓がんなど

①効きます。②おそらく効きます。③効くと断言できませんが、効能の可能性が科学的に示唆されています。④効かないかもしれません。⑤おそらく効きません。⑥効きません。】

 

安全性:
適量を経口摂取で摂ることは、ほとんどの人に安全なようです。ただ、疲労や協調運動障害(ドリブルができない、自転車に乗れない)などの副作用も報告されているので注意が必要です。
データが不十分なため、安全を考慮し妊娠中、授乳期は使用しないでください。

過剰摂取による副作用:
・疲労(BCAA/アミノ酸系)

医薬品との相互作用:
・糖尿病治療薬(BCAA/アミノ酸系)

健康食品・サプリメントとの相互作用: