栄養解説

ブルーベリー

ブルーベリーは一般的に視力に効果があると言われていますが、科学的なデータは不十分です。ブルーベリーと似た果実にビルベリーがあり、こちらはアントシアニンを多く含むため、慢性静脈不全や糖尿病・高血圧による網膜疾患に有効性が示唆されるデータが出ています。
ブルーベリーとビルベリーの違いとして、前者は果肉部分が黄緑色をしていますが、後者は果肉の中まで青紫色になっています。

 

有効性レベル①:

有効性レベル②:

有効性レベル③:

有効性レベル④:

有効性レベル⑤:

有効性レベル⑥:

データ不十分:
・糖尿病、白内障および緑内障の予防、潰瘍、尿路感染(UTI)、多発性硬化症(MS)、慢性疲労症候群(CFS)、発熱など

①効きます。②おそらく効きます。③効くと断言できませんが、効能の可能性が科学的に示唆されています。④効かないかもしれません。⑤おそらく効きません。⑥効きません。】

 

安全性:
食品として果肉を摂取する場合、ほとんどの人に安全なようです。ただ、ブルーベリーの葉を経口摂取する場合の安全性はデータが不十分なため避けるようにしてください。
妊娠中、授乳期でも通常の食品から経口摂取する分にはほとんどの人に安全なようです。

過剰摂取による副作用:

医薬品との相互作用:

健康食品・サプリメントとの相互作用:
・血糖値を低下させる健康食品・サプリメント