栄養解説

EPA(エイコサペンタエン酸)

EPAはn-3系脂肪酸の一つで血液をサラサラにする可能性のある成分です。サバ、ニシン、マグロなどの魚介類に多く含まれています。
DHAと混同されがちですが、EPAは血液や血管の健康維持、DHAは脳や神経組織の発育に作用すると言われています。

多く含まれる食材:
・さば、さんま、まぐろ、ぶり

 

有効性レベル①:

有効性レベル②:

有効性レベル③:
・冠動脈疾患、更年期障害、うつ病(EPA)

有効性レベル④:
・加齢黄斑変性、花粉症、気管支喘息、糖尿病など

有効性レベル⑤:

有効性レベル⑥:

データ不十分:
・アルツハイマー病、注意欠陥多動障害、肺がん、心臓発作など

①効きます。②おそらく効きます。③効くと断言できませんが、効能の可能性が科学的に示唆されています。④効かないかもしれません。⑤おそらく効きません。⑥効きません。】

 

安全性:
適量を摂取する場合は、ほとんどの人に安全のようです。ただ、人によっては吐き気や下痢、むねやけなど副作用を引き起こす可能性があります。また、1日3g(3000㎎)以上を摂取すると血液の粘度が低下し、出血のリスクが高まるおそれがあります。
妊娠中、母乳授乳期の方はデータが不十分なため、安全性を考慮すると使用を避けてください。

過剰摂取による副作用:
・下痢、吐き気

医薬品との相互作用:
・抗血栓薬、降圧薬

健康食品・サプリメントとの相互作用:
・血圧を低下させる健康食品・ハーブ類、血液凝固を抑制する健康食品・ハーブ類