栄養解説

ニンニク

ニンニクの有効成分であり、独特の匂いの元はアリシンという化合物で、強い殺菌・抗カビ作用を持っています。アリシンは非常に不安定な成分で、すぐにほかの形態に変化します。
この性質により、無臭のニンニク製品はアリシンをほとんど含まないか、含んでいたとしてもごくわずかになります。

 

有効性レベル①:

有効性レベル②:

有効性レベル③:
・直腸がん、前立腺がん、高血圧、動脈硬化、高コレステロール血症

有効性レベル④:
・乳がん、糖尿病、肺がん

有効性レベル⑤:

有効性レベル⑥:

データ不十分:
・円形脱毛症、狭心症、風邪、動脈血栓、うおのめ、、運動後の筋肉痛、運動能力、線維のう胞性乳腺症、胃がん、胃炎、肝炎など

①効きます。②おそらく効きます。③効くと断言できませんが、効能の可能性が科学的に示唆されています。④効かないかもしれません。⑤おそらく効きません。⑥効きません。】

 

安全性:
ほとんどの人に安全ですが、口臭、胸やけ、体臭、下痢などを引き起こす可能性があります。特に生のニンニクではこれらの副作用がより強くなるので注意が必要です。タマネギ、ニラなどにアレルギーがある場合は同様の症状が発生する恐れがあります。
妊娠中、授乳期でも通常の食品から経口摂取する分にはほとんどの人に安全なようです。

過剰摂取による副作用:
・下痢、不快感、吐き気

医薬品との相互作用:
・抗菌薬、抗血栓薬、肝臓に関わる薬、降圧剤、抗HIV薬

健康食品・サプリメントとの相互作用:
・血圧を低下させる健康食品・サプリメント