栄養解説

ルテイン

ルテインは目の網膜に含まれている色素の一つで、卵黄、オレンジジュース、緑黄色野菜に多く含まれています。光のフィルターとして機能し、日光によるダメージから目の組織を保護すると考えられています。
一部の研究ではルテインを含むサプリメントが抗酸化作用を改善させるという報告もあります。

多く含まれる食材:
ケール、ほうれん草

 

有効性レベル①:

有効性レベル②:

有効性レベル③:
・白内障、加齢による視力低下

有効性レベル④:
・冠動脈疾患

有効性レベル⑤:

有効性レベル⑥:

データ不十分:
・乳がん、子宮頸がん、コロイデレミア(視力低下を引き起こす遺伝性疾患)、精神機能、大腸がん、糖尿病、運動後の筋肉痛など

①効きます。②おそらく効きます。③効くと断言できませんが、効能の可能性が科学的に示唆されています。④効かないかもしれません。⑤おそらく効きません。⑥効きません。】

 

安全性:
経口摂取は、推奨量であればほとんどの人に安全のようです。サプリメントの場合、1日当たり最大15mgで最長2年間まで安全に使用されています。
妊娠中・授乳期の場合は通常の食品に含まれる量の範囲内であれば、ほとんどの人に安全のようです。

過剰摂取による副作用:

医薬品との相互作用:

健康食品・サプリメントとの相互作用:
・β‐カロテン、ビタミンE、オレストラ