ヘルシーレポ

トクホ(特定保健用食品)って何?

国が認めている3つの保健機能食品

サプリメントや健康食品に興味のある人であれば「トクホ(特定保健用食品)」という名前を聞いたことがあると思います。最近ではコンビニやスーパーに置いてある菓子類や清涼飲料水にも記載されていますね。トクホ以外にも「機能性表示食品」や「栄養機能食品」といったものもあります。この3つの表示は厚生労働省が認めた保健機能食品に分類され「食品に含まれている成分には健康を維持する機能が科学的に確認できています」という意味です。

そもそも食品の持つ機能は以下の3つに分類され、この中の三次機能について注目したものになります。

一次機能:食品中の栄養素が生体に対し短期的かつ長期的に果たす機能(=生命の維持)
二次機能:食品組織、食品成分が感覚に訴える機能(味覚や嗅覚、食感など)
三次機能:体の調子を整えて健康を維持する機能(病気予防や老化防止など)

トクホ(特定保健用食品)

1991年、国民が健康を維持するための食品選びで正しい選択をしてほしい、という理由で始まったのがトクホ(特定保健用食品)です。トクホのマークのある食品は、「科学的根拠があり健康を増進させる特定の機能があると認められる食品」ということになります。

厚生労働省による許可が必要になるので、表示する食品の安全性やヒトでの試験などを実施し科学的な根拠を示さなければなりません。現在のところ1000品目以上もの食品が特定保健用食品表示許可に指定されています。トクホに指定されると「おなかの調子を整える食品」や「コレステロールが高めの方の食品」といったように具体的な効能を表示することができます。

機能性表示食品

2001年には新たな保健機能食品制度として「機能性表示食品」が導入されました。食生活で不足しがちなビタミンやミネラルを含んだ食品で、厚生労働省の基準値の範囲内であれば、栄養成分の機能を表示することができます。

トクホとの大きな違いは①許可申請やヒトでの試験結果の提出などが不必要、②機能だけでなく注意喚起の表示が必要、といったことが挙げられます。例えば、ビタミンCを30〜1000mg含んでいる食品であれば「ビタミンCは皮膚や粘膜の健康維持を助け、抗酸化作用を持つ栄養素です」と表示することができます。サプリメントなど栄養補助食品で使用されることが多いです。

栄養機能食品

2015年に施行された最も新しい保健機能食品制度が「栄養機能食品」制度です。厚生労働省は食品と医薬品で表示できる機能性を分けていますが、この制度によって医薬品にしか認められていなかった機能性の表示が可能となりました。

ただ、新しい機能性を表示するためには事業者が科学的根拠となるヒトでの試験または文献や論文といったものを用意して消費者庁長官へ届ける必要があります。また、事業者はそれらの情報を公表しなければなりません。現在では600品目以上の商品が栄養機能食品に指定されています。

上述した全ての内容を覚える必要はないと思います。ただ、「あれ?これってどういう意味だっけ?」という時には参考にしてください。

ABOUT ME
アバター
Suppledex編集部
Sappledexはエビデンスファーストをテーマに、サプリメントに関する信頼性の高い情報(成分の有効性・安全性・副作用など)や市販品の詳細情報などを掲載しています。安心してサプリメントを利用するためのサプリメント情報サイトです。