ヘルシーレポ

健康食品やサプリメントの安全性・有効性にエビデンスで答える『ナチュラルメディシン・データベース』

サプリメントに関する書籍は数多くありますが、今回はその中でも特におすすめの『ナチュラルメディシン・データベース』をご紹介します。通常は医師や薬剤師などの専門職向けの書籍ではありますが、比較的読みやすいので一般の方でも十分理解できます。大きな図書館や大学に置いてあることもあるので、信頼性の高い情報が欲しい場合に調べてみてはいかがでしょうか。

健康食品やサプリメントの安全性や有効性を示した唯一のデータベース

ナチュラルメディシン・データベース(以下NMCD)は、1999年にアメリカで発売され、現在では世界各国の医療機関や公的機関で利用されている健康食品やサプリメントのデータベースです。100名以上の専門家や研究者が膨大な論文を参照し、それらの科学的根拠に基づいて、有効性、安全性、医薬品との相互作用などを掲載しています。

アメリカ政府はNMCDの製作に際して、11年間で2500億円を超える補助金を費やし、アメリカ食品医薬品局(FDA)でも正式採用されています。最近では、ハーバード公衆衛生院のデータベースとも合併を果たし、世界保健機構(WHO)からも世界唯一のデータベースであると評価されました。

健康食品やサプリメントのための法整備と健康被害

NMCDが作られるきっかけとなったのが、アメリカで施行された「ダイエタリーサプリメント健康教育法(DESHEA法)」です。この制度の誕生によって、サプリメントは医薬品と食品の中間に位置するものとして定義され、安全性や表示内容、製造の品質管理などについて厳しく規制されるようになりました。
一方で、日本のサプリメントは食品扱いとなっているため、ここまでしっかりした管理をする必要はないというのが現状です。

健康食品やサプリメントの普及に伴って、これらの影響と考えられる健康被害も増加していきました。アメリカでは年間2万3千人もの人がサプリメントの影響で救急外来に訪れているという調査もあります。本来は消費者の健康を守るはずの製品が、実は健康被害を招いているというケースも少なくはないのです。

医療現場に携わる医師や薬剤師にとっても、健康食品やサプリメントによる健康被害を防ぐための信頼性の高い情報や科学的根拠(エビデンス)に基づいた知識が必要になってきました。NMCDはこういった社会的な要請によって生まれた信頼性・専門性の高いデータベースです。

科学的根拠(エビデンス)をもとにあらゆる成分の情報を掲載

NMCDの一番の特徴は1200種類以上の成分を包括的かつ分け隔てなく網羅しているという点にあります。ビタミンやアミノ酸、ミネラルなどの成分のみならずラベンダーやカモミール、朝鮮人参といったハーブや薬草類まで詳細に記されています。

また、安全性や有効性以上に医者や薬剤師にとって重要になってくるのが医薬品との相互作用です。通常であれば問題のない医薬品であっても、健康食品やサプリメントとの飲み合わせによって副作用の危険度が増したり、本来持つ効能を発揮できなかったりする場合があるからです。

NMCD内の情報は適宜更新されており、常に最新の情報が掲載される仕組みになっています。日本医師会・日本薬剤師会・日本歯科医師会による総監修のもと、厚生労働省からも「信頼できる健康食品情報源」として紹介されています。

健康食品やサプリメントは安全・安心なものを正しく利用

今回、この記事を掲載するにあたって、出版元である株式会社同文書院様へ取材させて頂き、たくさんのお話を頂戴することができました。2008年の初版から10年が経過していますが、そもそもNMCDのライセンスを取得するために3年もの時間がかかったとのことです。「出版事業は、社会に貢献する文化活動でなければならない」という出版理念のもと、健康食品やサプリメントの健康被害の防止は、今の日本社会にとって必要不可欠であるという想いからNMCDの出版活動を続けています。

最後に健康食品やサプリメントを利用している方々へお伝えしたいことはありますか、と質問したところ「健康食品やサプリメントを飲むときはできるだけ医師や薬剤師などの専門家へ相談して欲しい」と仰っていました。2016年より「かかりつけ薬剤師制度」も始まり、健康食品やサプリメントと医薬品との飲み合わせなどについて相談できる機会も増えています。本当に必要な栄養素を安全・安心に摂取し、より健康的な生活を過ごすために少しでもお役に立てればとのことでした。

同文書院様では、NMCDの内容を一般の方向けに編集した『サプリメント・健康食品の「効き目」と「安全性」』という書籍も出版しています。来年には新しい書籍の出版も予定しているとのことなので改めてご紹介できればと思います。
NMCDのご購入や問い合わせは以下のHPより可能となっておりますので、ぜひ一度ご覧になってください。