栄養解説

ビタミンA

ビタミンAは眼や皮膚、免疫システムが正常に機能するために必要な栄養素です。緑黄色野菜、卵、牛乳、バターなどに多く含まれています。
経口摂取だけではなく、創傷の改善、皺の軽減、紫外線照射からの皮膚保護の目的で、皮膚へ直接塗布されることもあります。

多く含まれる食材:
・レバー、もつ、かつお、まぐろ

 

有効性レベル①:

有効性レベル②:

有効性レベル③:
・麻疹、乳がん、出産後の下痢、白内障、眼の疾患

有効性レベル④:
・アトピー性疾患、化学療法による胃腸の副作用、腸管寄生虫、結核など

有効性レベル⑤:
・頭頚部がん、HIV感染、下気道感染症など

有効性レベル⑥:

データ不十分:
・アルコール性肝疾患、貧血、子宮頸がん、視力改善の促進、花粉症症状の緩和など

①効きます。②おそらく効きます。③効くと断言できませんが、効能の可能性が科学的に示唆されています。④効かないかもしれません。⑤おそらく効きません。⑥効きません。】

 

安全性:
用量を守って使用している場合は、ほとんどの人に安全なようです。ただ、高用量のビタミンAを摂取すると様々な副作用のリスクが高まります。普段から果物や野菜をたくさん食べているのであれば、サプリメントなどを服用する必要はありません。
妊娠中、母乳授乳期の方は推奨される容量を守って使用してください。特に妊娠初期の3ヶ月間は乳児の先天異常のリスクが高まるので使用量をしっかりと管理するようにしてください。

過剰摂取による副作用:
・疲労、不快感、吐き気、発熱

医薬品との相互作用:
・抗菌薬、抗血栓薬、肝臓に作用する医薬品、皮膚科用薬、利尿薬

健康食品・サプリメントとの相互作用:
・鉄