栄養解説

ビタミンB₁

ビタミンB₁はチアミンとも呼ばれ、炭水化物の代謝や神経機能が正常に働くために必要な栄養素です。イースト、穀物、豆類、ナッツ類などに多く含まれ、糖分をよく摂る人やよく体を動かす人に必要になります。
江戸時代に江戸患いと言われた脚気の症状は、ビタミンB₁不足によって発生したと言われています。

多く含まれる食材:
玄米、豚肉、うなぎのかば焼き

 

有効性レベル①:

有効性レベル②:

有効性レベル③:
・白内障、糖尿病患者の腎疾患、月経痛

有効性レベル④:
・蚊除け

有効性レベル⑤:

有効性レベル⑥:

データ不十分:
・子宮頸がんの予防、帯状疱疹、糖尿病前症、エイズ、アルコール依存症、脳疾患など

①効きます。②おそらく効きます。③効くと断言できませんが、効能の可能性が科学的に示唆されています。④効かないかもしれません。⑤おそらく効きません。⑥効きません。】

 

安全性:
適量であればほとんどの人に安全ですが、まれにアレルギー反応や皮膚過敏が起こることがあります。医師などによる静脈内投与や筋肉内投与も適量であれば安全なようです。
妊娠中、母乳授乳期の方は推奨量内であれば安全ですが、それを上回る量になるとデータが不十分です。

過剰摂取による副作用:
・下痢、アレルギー

医薬品との相互作用:

健康食品・サプリメントとの相互作用:
・ビンロウジ、つくし、コーヒー、茶など