栄養解説

ビタミンB₁₂

ビタミンB₁₂は脳、神経および血液細胞ほか、多数の体内組織の機能や発達を正常に維持するために必要な栄養素です。様々な食品に含まれており、化学的に合成することも可能です。
肝臓内で数年間保存することが可能でビタミンB₁₂が不足することはほとんどありません。

多く含まれる食材:
・しじみ、あさり、レバー、さんま

 

有効性レベル①:
・貧血

有効性レベル②:
・高ホモシステイン血症

有効性レベル③:
・加齢による視力低下

有効性レベル④:
・がん、睡眠障害、精神機能、骨折、脳卒中

有効性レベル⑤:

有効性レベル⑥:

データ不十分:
・アルツハイマー病、動脈血栓症、アトピー性皮膚炎(湿疹)、直腸がん、糖尿病に起因する神経障害、下痢、疲労など

①効きます。②おそらく効きます。③効くと断言できませんが、効能の可能性が科学的に示唆されています。④効かないかもしれません。⑤おそらく効きません。⑥効きません。】

 

安全性:
健康的な人が適量を経口摂取、静脈内投与することはほとんどの人に安全なようです。高用量を摂取する場合も安全だと考えられています。
妊娠中、授乳中については、推奨量の範囲内であればほとんどの人に安全なようです。データが不十分のため高用量の仕様は控えてください。

過剰摂取による副作用:

医薬品との相互作用:
・抗菌薬

健康食品・サプリメントとの相互作用:
・葉酸、カリウム、ビタミンC