栄養解説

ビタミンB₆

ビタミンB₆は体内の糖分、脂肪、たんぱく質の機能や脳、神経、皮膚など多くの器官の正常な成長・発達に必要な栄養素です。穀物や豆、野菜、レバー、卵などに含まれ、他のビタミンB群とも併用されることが多くあります。
ピリドキシンやピリドキサールというような名前で使用されることもあります。

多く含まれる食材:
・まぐろ、かつお、さんま、にんにく

 

有効性レベル①:

有効性レベル②:
・高ホモシステイン血症

有効性レベル③:
・つわり、加齢による視力低下、動脈硬化、腎結石

有効性レベル④:
・自閉症、手根管症候群、脳卒中の再発予防、アルツハイマー病など

有効性レベル⑤:

有効性レベル⑥:

データ不十分:
・免疫システムの向上、筋痙攣、眼疾患、関節炎、アレルギー、ライム病など

①効きます。②おそらく効きます。③効くと断言できませんが、効能の可能性が科学的に示唆されています。④効かないかもしれません。⑤おそらく効きません。⑥効きません。】

 

安全性:
ほとんどの人にとって安全なようです。ただ、出血性疾患や血圧に疾病を抱えている場合は注意が必要です。長期にわたって多量に使用するとある種の脳障害や神経障害が出るおそれがあります。
妊娠中、授乳期においては専門家の管理の下で利用するようにしてください。

過剰摂取による副作用:
・悪心、頭痛、胃痛、吐き気、食欲不振

医薬品との相互作用:
・抗てんかん薬、降圧薬、抗不整脈薬

健康食品・サプリメントとの相互作用: